ワサコレ戦記の備忘録-pone

pone_web ワサコレ・スマホ・タブレット・パソコン・クルマ

TOP >> スポンサー広告 >> ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装するTOP >> PC >> ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※古い記事を試すときは自己責任で!

この記事にリンクを貼る


Trackback: -- |  Comment: --

ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装する

以前、ThinkPad Edge 14のCPUを換装することができるかも?と記事を書きましたが実際に換装したので手順をまとめます。

関連記事:
ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装する?



今回、換装につかったCPUは core i5-520M です。
これまで搭載されていたCPUは core i3-380M でした。

ここでおやっと思う方、詳しいですね。

core i3-380Mはクロック周波数2.53GHzのターボブースト無し
core i5-520Mはクロック周波数2.40GHzのターボブースト時は最大2.933GHzで動作します。
通常時のクロック数はcore i5-520Mの方が低いのです。
しかしグラフィックコアがi3では667MHz、i5は766MHz微妙に優れています。

たまたまヤフオクで安価に出品されていたので思わずポチりました。


下の表はThikPad Edge14でCPUの換装が可能であろう型番をターボブースト率の高い順で並び替えています。

Processor
Number
ClockSpeedTurbo
Frequency
TB riserateRANK
i7-620M2.6603.3330.673125.30%1
i5-580M2.6603.3300.670125.19%2
i7-640M2.8003.4600.660123.57%3
i5-520M2.4002.9330.533122.21%4
i5-540M2.5303.0660.536121.19%5
i5-560M2.6603.2000.540120.30%6
i5-430M2.2602.5300.270111.95%7
i5-450M2.4002.6600.260110.83%8
i5-460M2.5302.8000.270110.67%9


IT用語辞典(http://e-words.jp/
Turbo Boost 【Intel Turbo Boost Technology】

Intel社のCore i7マイクロプロセッサから搭載された、自動オーバークロック機能。

Core i7のようなマルチコアプロセッサは複数のプロセッサコアが搭載されており、熱設計電力(TDP)はすべてのコアがフル稼働した状況を想定して既定されている。並列化できないような処理を実行するときは稼動していないコアは休眠状態のため、発熱量に余裕が生まれる。この余裕を活かして稼動しているコアのクロックを自動的に引き上げ、オーバークロック状態で高速に処理を行うのがTurbo Boostである。




では換装の方法です。
別段難しいことはありません、初心者の方でも簡単に出来ると思います。ネジ外すだけですから。
最初にBIOS(電源投入後、Enterキーを押し、画面が切り替わったらF1)で現在の構成を確認します。
BIOS画面で確認


裏面の赤丸のネジをすべて外しカバーを外します。
ネジはなくさないように!!


次にCPUに接続されているFANを取り外します。ネジは赤丸の4箇所です。
青丸はFANに繋がったコードです。外す必要はありませんが短いので外れないように注意してください。
青丸のケーブルは短いので注意


今度はCPUを外します。
赤丸部分のマイナスネジを回すとCPUのロックが解除になりますので、丁寧に持ち上げて外しましょう。
CPU裏のピンは非常に小さく繊細なので曲がってしまうと使えなくなってしまいます。
CPUファンとCPUにグリスがついていると思います。丁寧にふき取って新しいグリスを塗っておきましょう。
CPUを冷却するにはなるべく密着して放熱する必要があります。
発熱の状況によってターボブーストの効き具合が変りますのでここは慎重に。
細めのマイナスドライバーで廻しましょう

CPUを扱う時は慎重に


あとは同じ手順で元に戻していきます。


さぁ電源を入れます。
念のためBIOS画面でCPUを確認。
ちゃんと認識しています


Windowsを起動すると「新しいハードウェア」ウィザードが始まります。
CPUとグラフィックのドライバが更新されると再起動を聞いてきますので再起動しましょう。

これで換装作業は終了です。
ちゃんとターボブーストもかかっています。
2.53GHzから2.93GHzと400MHzアップ

体感的にどうか?と言われると微妙ですが軽さを感じる場面もあります。
たぶん気のせいです。。。


絶対的な体感速度の向上を目指すにはやはりHDDをSSDに換装する方がコストパフォーマンスはいいと思います。

改造する場合は自己責任でお願いします。


 


追記:小技も忘れずに(笑)
DSC_0023.jpg
DSC_0025.jpg
※古い記事を試すときは自己責任で!
PCの関連記事

この記事にリンクを貼る


TOP > スポンサー広告 > ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装するTOP > PC > ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装する

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://recoboo.blog28.fc2.com/tb.php/152-6ab35b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。