ワサコレ戦記の備忘録-pone

pone_web ワサコレ・スマホ・タブレット・パソコン・クルマ

TOP >> スポンサー広告 >> 買ってはいけないXperia arc用ケースTOP >> android >> 買ってはいけないXperia arc用ケース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※古い記事を試すときは自己責任で!

この記事にリンクを貼る


Trackback: -- |  Comment: --

買ってはいけないXperia arc用ケース

スマホにカバー付ける人多いですよね、やっぱり傷つけたくないですから。
でも数が多くて悩みませんか?
買ってはいけないケースをご紹介します。


ヨドバシでケースを見てたら数が多いこと多いこと。
かなり迷いました。

そして選んだのは「販売数量No1」(2010年BCNランキングをもとに自社調べ

そんなに売れてるんだったら間違いないべ
キラキラデザインもいい感じだし。。。
RT-SO01CC5
株式会社レイ・アウト(ray-out)RT-SO01CC5
http://www.ray-out.co.jp/products/so01c/index.html


マットな大人な感じも好きだけど、たまには派手なキララメもいいんじゃない?
と思ったのが失敗でした。
IMG_0146.jpg


付けてる時は問題は感じませんでしたがポイントが・・・
設計の正確さを物語る精巧な穴。レンズとフラッシュ部分をくりぬいてくれてます。
いいねぇ、さすが「販売数量No1」(2010年BCNランキングをもとに自社調べ)だねぇ
IMG_0147.jpg


が、しかしこれが後々問題になるとは思いもよりませんでした。





どうなるか。。。
写真を撮ると。。。








こうなります。
DSC_0416.jpg
※写真はぼかし入れてます。


そう、ラメキラの青が反射してフラッシュライトを使った時はレンズに青のフィルターがかかります。。。
これ明らかに設計ミスでしょ。。。


「販売数量No1」(2010年BCNランキングをもとに自社調べ)に騙されました。。。
カバーを選ぶ時はフラッシュ部分の形状が余裕を持っている製品をおススメします。


あと、液晶カバー付けるとき、どうやっても空気入っちゃいません?
そんな方はこれがおススメ。

ウソのように全く気泡が入りませんでした。
値段はそこそこいい値段ですが、空気が全く入らないのは大きなセールスポイントだと思います。
どうしても空気が入っちゃうって方はぜひお試しあれ。
※古い記事を試すときは自己責任で!
androidの関連記事

この記事にリンクを貼る


TOP > スポンサー広告 > 買ってはいけないXperia arc用ケースTOP > android > 買ってはいけないXperia arc用ケース

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://recoboo.blog28.fc2.com/tb.php/175-41db66c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。