46web

pone_web ワサコレ・スマホ・タブレット・パソコン・クルマ

TOP >> スポンサー広告 >> 車載化 取り付け埋め込み編TOP >> Tablet >> 車載化 取り付け埋め込み編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※古い記事を試すときは自己責任で!

この記事にリンクを貼る


Trackback: -- |  Comment: --

車載化 取り付け埋め込み編

エアコンルーフ取り外し
車載化させる上で、一番気になったのが見た目です。どうやって隠すか、車載ホルダーでケーブルむき出しってのが嫌でなんとか埋め込めないかと試行錯誤した結果、今の状態が出来上がりました。


元々、DVDナビが取り付けてあった金具があるのでそこに薄い板でステーをつくり埋め込みましたがどうも角度と隙間が気になって納得いきませんでした。それが今年の夏ごろのお話です。

しばらくはそのまま使っていていろんな人が乗るたんびに「いいね、これ」とか「便利やん」とかほめてくれたんですが本人は納得のいかないまま。。。結構、こだわるんです。細かいとこ、気になりだすと止まらなくなって・・・

その後もステーを加工したり作成したりしましたがどれもうまくいかず・・・
最終的に行き着いたのは「車載ホルダーごと埋め込もう」でしたw最初からそうすればよかったww

おそらくBP5 BL5 BP9 BL9の前期型、後期型は関係なく同じ構造になってると思います。
エアコンパネルを外すと奥の方にちょっとした台座みたいな部分があるのでここに「車載ホルダー」を取り付けました。
選ぶ際に気を付けたのは「前後上下に位置が調整できる」「ホールドする部分が小さい(目立たない)」です。

選んだのはサンワサプライのCAR-HLD6BKの韓国版?パクリなのかOEMなのかわかりませんが全く同じような形をしていました。箱、説明書ともにフルハングルでした。レビューには書いてあったけど・・・

サイズ的に上下方向が入らないのはわかっていたので、最初から上のホールド部分は取り外すつもりで購入しました。

取り付けはこんな感じです。上のホールド部分は強引に引っ張って外しました。ケーブルがちらっと見えてるのはUSBケーブルです。運転席下のヒューズボックスから電源を取ってます。エンジンが掛かると電流が流れるヒューズです。下の部分はちょうど下に付く位置で高さを調整しているので揺れなどでもびくともしません。
車載ホルダー車載ホルダー固定部分

このままの状態だとタブレットのMicroUSB端子とヘッドフォン端子がエアコン風の誘導パネルに接触しますので最初は取り外していました。しかし、取り外すと助手席側に吹き出す風量が減るんですよね。夏は暑い!ってクレームがあったので強引に切り取っちゃいました。アクリルカッターでやったんで断面ボロボロですけど見えないからwwいいんです、そこは・・・燃費計付の純正グローブBOXも残ってるしいいか。
エアコンルーフ切り取り部分エアコンルーフ切り取り部分
これで風量も確保できます。ついでにタブレットの冷却もしてくれる、でも冬はどうしよう・・・って思ってたけどエアコンAUTOにしてると暖房は足元からしか出ないんですね。

これで一応完成なのですが、なんか違う・・・もっと純正っぽく、隙間を減らして・・・隙間部分に100均の隙間テープを貼ってみましたがそもそも貼れるだけのスペースがないんです。なにかいい方法はないかと物色してたらホームセンターでゴムチューブ見つけました!!
こんなの
ゴムカバー

これを外枠部分に噛ませます。曲り部分は難しいけど根気よくはめ込んでいくとちょうどいい具合にはまりました。でも輪っかになってるからどうしても断面が出てしまう・・・特注するか。。。いやそこはいいやろ。ってことで助手席側から見えない部分に断面を合わせました。
ゴムカバーゴムカバー

あと、USBのコネクタ部分はストレートだと差込口が破損するんじゃないかなと思い、L字型のケーブルを探しましたがなかなか見つけることができなかったのですが、何とか見つけました。

変換名人
■USB micro(メス)→(オス)下L 20㎝
■型番 USBMC-CA20DL

ヘッドフォン端子もL字型にしてます。
それともっとも重要なこと、それはレガシィの前期型の純正オーディオは外部入力に対応してないこと。
純正ナビも別スピーカーで設置されています。
これをAUX(外部出力)端子を追加するにはいろいろな方法がありますが、一番手っ取り早いのは後期型の純正オーディオに載せ替えること。GX-204Jにすればケーブルの追加で車内のスピーカーから音声が出ます。
ヤフオクなんかにたまに出品されてます。CDの音なんかも良くなりますよ。
後期型純正オーディオGX-204J

以上で取り付けに関してでした。
Nexus7など他のタブレットでも可能だと思います。7インチクラスだとそんなに電気を食うこともないので大丈夫でしょうがまれに充電に電力が足りない機種もあると思うのでそこがクリアできれば問題ないと思います。

ほぼ毎日通勤などで使っているのでタブレットのバッテリー切れになることはありません。
特にこのASUS MeMO Pad HD7は省電力性に優れているので一晩おいても2%~3%しか減ってません。
また後日、バッテリーの状況をモニタした画像をUPしたいと思います。
エアコンルーフ取り外し
車載埋め込み


関連記事:
ASUS MeMO Pad HD7 車載化計画
ASUS MeMO Pad HD7 車載化計画 完成写真
車載化 Tasker設定編 タブレット側
車載化 バッテリー消費推移編
※古い記事を試すときは自己責任で!
Tabletの関連記事

この記事にリンクを貼る


TOP > スポンサー広告 > 車載化 取り付け埋め込み編TOP > Tablet > 車載化 取り付け埋め込み編

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://recoboo.blog28.fc2.com/tb.php/255-f0617da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。