ワサコレ戦記の備忘録-pone

pone_web ワサコレ・スマホ・タブレット・パソコン・クルマ

TOP >> スポンサー広告 >> ThinkPad Edge 14 0578CTOにWiMAX 6250を搭載するTOP >> PC >> ThinkPad Edge 14 0578CTOにWiMAX 6250を搭載する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※古い記事を試すときは自己責任で!

この記事にリンクを貼る


Trackback: -- |  Comment: --

ThinkPad Edge 14 0578CTOにWiMAX 6250を搭載する

Lenovo Thinkpad Edge14 にはWiMAX搭載モデルも存在します。

しかしレノボショップで販売されているのは非搭載モデルです。


搭載モデルはFPU 63Y2134でこれはマザーボードの交換になります。
リンク先の値段は$575.00(日本円で46,753円3/25現在)と本体よりも高い金額になってしまいます。

搭載モデルと非搭載モデルの違いは、mini PCI-Expressのスロットが1つか2つの違いとアンテナ線が4つあるかないかの違いかな???
非搭載モデルのマザーにはパターンはありますがスロットはありません。

このように裏のカバーを開けてもパターンが印字されているだけです。
Lenovo Thinkpad Edge14

では、もうひとつのスロットはどこにあるのか?

それはパームレスト下にあります。
ちょうど反対側にあたるところにmini PCI-Expressスロットが付いています。

実際に開けてみました。
まずはバッテリーを外します。
次に光学ドライブを外します。黄丸のネジを外しドライブをスライドさせるようにして引き出します。
そして赤丸のネジを外します。ゴムが付いているので細いピンか何かで外しましょう。
青丸は次の写真で説明します。
Lenovo ThinkPad Edge14

赤丸部分は光学ドライブを外さないと見えません。
ここ忘れるとパームレスト逝っちゃいます。しかも小さなネジなのでなくさないように。
Lenovo Thinkpad Edge14

ネジを全部外したらパームレストのカバーをパキッと手前に引く感じで外します。
ツメがありますので折らないように慎重に!!
外れるとこんな感じになります。
Lenovo Thinkpad Edge14

青枠の部分がmini PCI-ExpressのIEEE802.11b/g/nのLANアダプタが付いています。
これを交換することでWiMAX搭載機種に変更が可能です。

ただしIntel® Centrino® Advanced-N + WiMAX 6250をつける場合は注意が必要です。
ヤフオクなどに出ているDELL製のカードはBIOSチェックではじかれて使用できません。
必ずLenovo,IBMで使用ができることが確認できている型番が必要です。

確実を求めるならFPU 60Y3195がありますがこちらも$182.00(日本円で14,798円3/25現在)とお高いです。
ヤフオクなら6,500~7,000円前後で落札されています。
Lenovo Thinkpad Edge14

以前私が、Yahoo!ブログで書いてた記事のコメントにIntel® Centrino® Advanced-N + WiMAX 6250換装成功の報告がありましたので間違いないと思いますが試したわけではありませんのでご了承ください。

今回、パームレストを開けたのは別の部分を確認するためです。
左の赤枠と右の黄枠です。
Lenovo Thinkpad Edge14
赤枠はオプションで付けたBluetoothです。
これはDELL製でも動作確認取れてるみたいです。オークションの説明に書かれてることが多いので注意してみてください。

そして黄枠はBluetoothが刺さってるところと同じ端子なのでUSBではないかと思います。
ためしにBluetoothを差し替えようとしましたがボタン電池が邪魔で刺さりませんでした。
そして一番気になってた青枠
Lenovo Thinkpad Edge14

このパターンはUSBではないかと思います。
と言うのもEdge14では、指紋認証付きのパームレストがあります。
指紋認証のパーツはたぶんUSB接続の場合が多いのではないかと思います。。。
しかもちょうどその位置にあるし。

ただ、何を付けるか?
ちょっと思いついたのがFelicaポート。
VAIOとかに一時期付いてたやつです。最近も付いてるのかな?

USB接続のSONY RC-S320持ってるのでいらないっちゃいらないんですがね。。。
他に思いつくものがなくて、スペースも結構厳しいのであんまり大きなモノは使えないし。

それとは別に気になってるパーツもあります。
FPU 60Y9846 60Y9774です。
これは照明機能付きキーボード。
実物を見たことはありませんが、おそらく文字盤が光るタイプではないかと。

英語版のFPU 60Y9815が$145.00なので日本円で11,789円(3/25現在)とこれもいい値段。。。中古はまず出ないでしょうし。悩ましいところです。


部品の取り替えや保守部品はLenovoで直接注文することも可能です。
その際は、パーツリストから希望するFPUを探して注文しましょう。

ThinkPad Edge14" Edge15" E40 E50 パーツリスト


関連記事:
ThinkPad Edge 14 0578CTOのCPUを換装する

※古い記事を試すときは自己責任で!
PCの関連記事

この記事にリンクを貼る


TOP > スポンサー広告 > ThinkPad Edge 14 0578CTOにWiMAX 6250を搭載するTOP > PC > ThinkPad Edge 14 0578CTOにWiMAX 6250を搭載する

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://recoboo.blog28.fc2.com/tb.php/96-d5345df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。